宿便 解消

宿便が解消できない大腸はどんな状態?

宿便 解消

便秘が慢性化してしまうと大腸の中に宿便がたまってしまい、いつまでもたまり続けていると、腸内で発酵(腐って)してしまい腐敗ガスや大腸の働きを下げる悪玉菌の素になり、下腹がぽっこりおなかになってしまいます。

 

ほかにも、宿便の影響で表れる弊害は、食欲不振や吐き気などの色々な体調不良、腐敗ガスが血液の中に溶け込んでニキビや吹き出物、また、肌コンディションが揺らぎやすく、敏感肌や乾燥肌による赤みなどが肌表面表れて、肌質を根本的に下げる原因になってしまいます。

 

また、大腸がんの1番の原因は便秘による宿便が原因とも言われています。

 

宿便の解消に効果のある食べ物は?

宿便 解消

便秘の解消で最も大切なことは、普段から毎日の食生活の中で意識して食物繊維の多い野菜や乳製品や多めに水分を取るなど、便秘解消だけでなく予防にも効果的な食べ物などをバランス良く摂取することが大切です。

 

また、食物繊維意外にも乳製品を発酵させたヨーグルトやケフィアなどの食品には、大腸の働きを元気にして悪玉菌とは対照的に腸内環境を改善して身体全体の健康維持には欠かせない善玉菌と呼ばれるビフィズス菌や乳酸菌が豊富に含まれています。

 

その中でも善玉菌の代表と言われるビフィズス菌の効果が1番高いのですが、食べ物に含まれるビフィズス菌は、胃酸によってアミノ酸に分解されることで、大腸まで到達するビフィズス菌はごくわずかと言われています。

 

そこで、最近注目されている食べ物が母乳や粉ミルクに含まれているオリゴ糖です。

 

オリゴ糖は熱や消化酵素の影響を受けにくく、大腸の中ではビフィズス菌のエネルギーになります。

 

そして、オリゴ糖を吸収したビフィズス菌は動きが活発になり細胞分裂を繰り返して数を増やしていきます。

 

また、腸内細菌の占める割合でビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が優勢になっている場合、冬場に流行するノロウィルスなどに感染した場合、善玉菌がウィルスに対する抵抗力になって、嘔吐や下痢などの症状緩和など色々なメリットがあることで知られています。

 

そして、それと同様に悪玉菌より善玉菌であるビフィズス菌が増えると、大腸の運動能力が高くなって
便秘が原因の宿便が解消されやすくなります。

 

宿便の解消には高純度オリゴ糖食品

たくさん商品化されているオリゴ糖食品の中で、最も効果が高いのが主成分の90%以上がオリゴ糖で構成されている高純度オリゴ糖食品です。

 

その中でも1日約80円代と経済的なランニングコストで、芸能人の人達も自分のブログで便秘対策に愛用していることを紹介しているカイテキオリゴが口コミなどで広がっています。

 

高純度オリゴ糖食品のカイテキオリゴのオリゴ糖は天然成分で配合されているので赤ちゃんや妊娠中の方や年配の方でも安心して使用する事ができます。

 

下剤や漢方などの薬と違い、食品の栄養分で自然に大腸の働きを健康にするので、副作用や依存性もまったくありません。

 

宿便 解消

オリゴ糖という名前から甘みが強いと思われるかもしれませんが、微妙に甘く感じる程度で、左の画像のようにコーヒーにカイテキオリゴだけを入れて飲んでみましたが、甘さはほとんど感じませんでした。

 

また、カイテキオリゴの粉末は冷たいにもすぐ溶けるので、便秘気味だった子供が小学校に持っていく水筒の麦茶に溶かして持たせても味の違いに気付かないで、2日後には便秘解消の効果がでました。

宿便 解消カイテキオリゴを使った詳しい体験談の紹介サイト